岡山での外壁屋根リフォームをお考えの方は、トータルホームにお任せ下さい。

外壁リフォーム専門店
営業時間
0120-17-6464
 
TOP > 外壁の種類に関して サイディングとは?

外壁の種類 サイディングとは?

サイディングとは、サイディングメーカーが製造する外壁材の工業製品のことです。各メーカーが工場で生産したものを、工事店が現場で施工して始めて外壁材として機能します。
かつての住宅では、外壁材といえば木板(下見板)張りがほとんどでした。しかし、戦後から現在にかけ、防火上の問題から、モルタル防火造りが多くなり、最近では耐火性に優れたパネル壁材として「サイディングボード」が主流になってきました。

サイディングボードには以下のメリットがあります。
①手間がかからず、工期が短い
②コストが安い

サイディングの種類

サイディングには、大きく3つの種類があります。

窯業系サイディング

窯業系サイディングとはセメントや木材など非金属系の原料を窯で高熱処理をして製造されたサイディングの総称です。現在、外壁として最も一般的に使用されています。 商品には工場で塗装処理を施てある塗装品と現場で塗装を行う無塗装品があります。
装品はデザインや色や柄など様々な表現が可能で、モダンな外観、和風、洋風などあらゆる外観スタイルを形成出来ます。

窯業系サイディングボードの構造




サイディングボードのチェックポイント





5つの違いで差が付く外壁塗装
外壁ご提案10カ条
ご訪問10カ条
お問い合わせの流れ
外壁塗装の流れ
外壁塗装リフォーム
屋根塗装リフォーム
 
無料雨漏り診断
塗料の比較表
 
外壁屋根塗装事例はこちら
会社概要
スタッフ紹介
お客様の声
 
ご相談 お問い合わせ
無料見積もり依頼
資料請求
 
 
ページの先頭へ戻る
このページの先頭へ戻る お見積もりのご依頼 0120-17-6464