岡山での外壁屋根リフォームをお考えの方は、トータルホームにお任せ下さい。

外壁リフォーム専門店
営業時間
0120-17-6464
 
TOP > ガルバリウム銅板について

ガルバリウム鋼板ってどんな素材?

ガルバリウム 鋼板は通常の鋼板に比べ3~6倍の耐久性を誇り、主に住宅、店舗、工場などの屋根や外壁(サイディング)に力を発揮する高品質の鋼材です。
屋根や外壁(サイディング)、雨といとしては加工が容易な鋼材なので場所を選ばず導入が可能になっています!鉄板を基材としてアルミニウム、亜鉛、シリコンからなるメッキ層を持つ溶融アルミニウム-亜鉛合金メッキ鋼板を総じてガルバリウム 鋼板といいます。1972年にアメリカで開発された新しい金属素材です。



『ガルバリウム鋼板』とは?

A.ガルバリウム鋼板は、耐久性・耐食性に優れた
溶融55%アルミ亜鉛合金めっき鋼板のことで、
溶融亜鉛めっき鋼板(通称トタン板)の3~6倍の耐久性が期待できます。

参考
【起源】
ガルバリウム鋼板は1972年にアメリカの『ベツレヘムスチール社』によって開発されました。
日本では、1982から商品化されています。現在、全世界で年間約120万トンの需要があります。

【特長】
めっきの組成は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなっており、
アルミニウムの耐食性と亜鉛の防食作用により、耐久性、耐食性に富んでいます



『ガルバリウム鋼板』はどうして耐食性が良いのでしょうか?

A.ガルバリウム鋼板の特長である『犠牲防食作用』と『自己修復作用』により、
錆の進行を抑制するからです。

解説
■『犠牲防食作用』とは
鉄に亜鉛めっきを施すと、めっきが損傷してもイオン化傾向の高い亜鉛が
鉄より先に溶け出すため、鉄の腐食を防止する作用があります。
これをガルバリウムの『犠牲防食作用』といいます。

■『自己修復作用』とは
犠牲防食作用により溶け出した亜鉛のスペースにアルミニウムの酸化生成物(Al2O3
充填される作用
があります。
これをガルバリウムの『自己修復作用』といいます。

5つの違いで差が付く外壁塗装
外壁ご提案10カ条
ご訪問10カ条
お問い合わせの流れ
外壁塗装の流れ
外壁塗装リフォーム
屋根塗装リフォーム
 
無料雨漏り診断
塗料の比較表
 
外壁屋根塗装事例はこちら
会社概要
スタッフ紹介
お客様の声
 
ご相談 お問い合わせ
無料見積もり依頼
資料請求
 
 
ページの先頭へ戻る
このページの先頭へ戻る お見積もりのご依頼 0120-17-6464